instagram

ピコレーザー
(エンライトンSR)

肌治療に適した設定を実現するために開発されたピコ秒レーザー

エンライトンSR

ピコレーザー(エンライトンSR)とは

エンライトンSR

エンライトンSRは、従来のレーザーに比べ、非常に短いパルス幅(照射時間)で照射するため、色素沈着のリスクを低く抑えながら色素斑の治療をしていくことが可能です。

タトゥーは従来より少ない回数で治療することが可能となりました。

こんな方におすすめ

肌のエイジングケアがしたい
短いダウンタイムが良い
目の周りの細かいしわ、ちりめん皺を改善したい
肌質を改善したい

ピコ秒とは?

ピコ秒レーザーとは、レーザーの照射時間(パルス幅)がピコ秒領域にあるレーザーです。

簡単に言うと、極めて短い時間だけ、レーザーを照射している、ということです。

ただ、従来からあるナノ秒レーザー(Qスイッチレーザー)でさえ、1秒間の1/1000000のため、既にとても短いのですが、ピコ秒はナノ秒のさらに1/1000になります。

この違いが色素の治療やその他の治療についても重要になってきます。

従来のQスイッチレーザーとピコ秒レーザーの違い

ピコ秒レーザーは極めて短い照射時間(ピコ秒)で照射を行うため、熱エネルギーよりも衝撃波で色素を叩き砕いていくイメージで色素を壊していきます。

そのため色素の濃さに関わらず、薄いシミに関してもさらに色素を叩き砕いていくことが可能となるため、薄い色素斑にも対応することが可能となります。

それと比べ、Qスイッチレーザーはナノ秒という、ピコ秒よりも長い照射時間で照射します。

ですので、衝撃波による破壊力は上図のように弱く、レーザー照射時に発生する熱エネルギーを中心に色素を破壊していきます。

そのため、極めて薄い色素斑を反応させるためには強いパワーが必要となり、その分周囲の組織傷害(色素沈着)も発生してしまいます。

色素沈着のリスクが低い理由

照射時間が短いほど、周囲への熱影響は少なくなり、色素沈着のリスクは低くなります。

ただ、色素沈着のリスクは低いですが、色素を細かく砕いていくようなイメージなので、1回ですべての色素を叩き砕けないことも多く、治療回数は複数回かかることが多いです。

ピコ秒レーザーは、色素沈着を起こさずに1回切りで色素斑が消え去るような、夢のような機械と思われがちですが、実際は決してそうではありません。

施術について

エンライトン(ピコトーニング、
ピコフラクショナル)

治療概要

施術時間15分前後
治療間隔2~4週に1回
副作用点状出血、膨疹、熱傷、白斑など
ダウンタイム基本的にはありませんが小さい点状出血が出ることがあります
治療後のメイク直後から可能

エンライトン
(アグレッシブピコフラクショナル)

治療概要

施術時間麻酔時間30分、施術時間30分前後
治療間隔2~3ヶ月に1回
副作用熱傷
ダウンタイム照射部分すべてに赤みと点状出血が出ますが、10日前後で消失します
治療後のメイク直後から可能

治療費

表記価格は全て税込になります。

ピコSPOT 直径5mm未満11,000円
直径5mm以上
10mm未満
22,000円
直径10mm以上+2,200円/mm
ピコトーニング 全顔1回 13,200円
5×5cm(body可) 8,800円
ピコフラクショナル 全顔1回 27,500円
ピコトーニング+
ピコフラクショナル
全顔1回 38,500円
アグレッシブ
ピコフラクショナル
全顔 44,000円
頬のみ 27,500円
ピコスペシャル SPOT打ち放題
+ピコトーニング
+ピコフラクショナル
110,000円

INSTAGRAM

インスタグラムにて、当院の
モニター症例、最新情報などを発信しております。

インスタグラムへ

お気軽にお問い合わせくださいご予約・ご相談は
こちら

アクセスも非常に便利で
JR恵比寿駅西口より徒歩1分の好立地にございます。
些細なことでも構いませんので、
あなたのお悩み・症状について
遠慮なくお尋ねください。